新しい人生のスタートです

「お宮参り」は、生後一ヶ月に行なう、初めての正式なお出かけです。女の子はあざやかに華やかに、男の子は力強い晴れ着を着て氏神様に誕生の報告をお祝いする儀式です。

男の子のお宮参り

まず男の子ですが過ごしやすい気候の場合、肌着の上に白羽二重の中に着る着物を羽織らせます。冬は、この上からさらに掛け着を着ていきます。掛け着の絵柄ですが、男の子の場合はたくましく勇敢に育って欲しいとの気持ちを込めて虎や兜、龍などが描かれたものが人気です。

そのほかには宝船や富士山などの縁起の良いものの絵柄も、赤ちゃんが良い人生を送れるよう願いが込められています。また男の子の場合のみ、家を継ぐという意味でも家紋を入れることもあります。格式高いブラックなども人気です。人生初の晴れの日、カッコよくキメたいですね。

男の子のお宮参り
男の子のお宮参り

女の子のお宮参り

女の子も男の子と同様肌着の上に白羽二重の内着をまず着ます。その上から晴れ着である掛け着を着るのですが、 女の子の絵柄で人気なのはやはり花模様です。花というのは女の子らしさを象徴するものの中でも象徴的ですよね。

牡丹や桜をモチーフにした友禅模様は、とても晴れの日にふさわしい華やかさです。カラーはオレンジやレッド、ピンクなど、可愛らしく女の子らしいカラーが人気です。一発で女の子とわかるような可愛らしい出で立ちで、お宮参りの日を過ごしましょう。

女の子のお宮参り
女の子のお宮参り

ご両親

お父さんやお母さんは、主役の赤ちゃんを引き立たせながらもきちんとした服装に身を包んでお詣りをする必要があります。

やはり神社に「無事産まれました」と挨拶をしに行くわけですから、その辺に行く格好で挨拶に行くわけにはいきません。

お宮参りでの両親の着物
お宮参りでの両親の着物

料金について

お宮参り 産着レンタル一式
10,000円〜(税抜き)

産着レンタル一式

  • 産着(着物)
    -生まれたての赤ちゃんに着せる着物
  • 襦袢
    -着物の下に着用する、着物と同じ形状をした下着です
  • 帽子
    -赤ちゃんの肌を日差しや風などから守る為の必需品
  • よだれかけ
    -お祝い用のよだれかけ
  • お守り袋
    -縁起の良い小物の一つ(産着の紐に吊るしてお使い下さい)

レンタルの流れ

お問合せ

ホームページやカタログで商品をチェックする。

ご来店

ご利用プランや契約サポート等、店内を案内しながらご説明。お好みやご予算など、何でもお伝え下さい。

ご契約

あなただけの着物を見つけて下さい。

お宮参り当日

ご利用の前日・二日前に到着するように郵送いたします。

ご返却


お電話でのお問合せ

075-351-1505

受付時間 / 10:00~18:30(火曜定休)
※電話番号をタップすると電話がかかります。

メールでのお問合せ

お問合せフォーム

ご質問・ご相談など、お気軽にご連絡下さい。